広島大学 担当講義概要 2004年度

文学部 担当講義





















広島大学 担当講義概要 2003年度

文学部 担当講義

    一般言語学演習 seminar in general linguistics
    (木3・4限  前期:B201教室 後期:B253教室)

    (教科書)
    R. M. W. Dixon; Ergativity.

    (Cambridge Univ. Press, 1994 ISBN 0521448980)

    前期初回は4月10日(木) 後期初回は10月2日(木)から。
    シラバス記載内容(PDFファイル)

    期末レポート課題(前期 7月17日提示)
     教科書(Ergativity.)の “1. Introduction” および “2. Syntactically based and semantically based marking” で取り上げられている言語から1つを選び、Dixonの見解も踏まえて、その言語的特徴についてまとめること。
     または、p.2〜5に挙げられている能格(的)言語の中から1つを選び、自分で調べたことを書いてもよい。
     A4で1〜2枚程度。書式は問わないが、なるべくワープロ使用が望ましい。
     参考文献はレポートの最後に明記すること。“References”(p.237〜258)の論文や、言語学研究室にある次の本も参考にするとよい;

      『言語学大辞典(世界言語編)』(三省堂)
      角田太作『世界の言語と日本語』(くろしお出版)
      生越直樹『対照言語学(シリーズ言語科学4)』(東京大学出版会) etc.

    提出期限 8月25日(月)
    提出場所 言語学研究室「レポート受け 連絡ボックス」

    期末レポート課題(後期 1月15日提示)
     教科書(Ergativity.)の “3. Intra-clausal or morphological ergativity” および “4. Types of split system” の前半で取り上げられている言語から1つを選び、Dixonの見解も踏まえて、その言語的特徴についてまとめること。
     または、p.2〜5に挙げられている能格(的)言語の中から1つを選び、自分で調べたことを書いてもよい。ただし前期のレポート内容と重複しないこと。
     A4で1〜2枚程度。書式は問わないが、なるべくワープロ使用が望ましい。
     参考文献はレポートの最後に明記すること。
     前期と同様、“References”(p.237〜258)の論文や、言語学研究室にある次の本も参考にするとよい;

      『言語学大辞典(世界言語編)』(三省堂)
      角田太作『世界の言語と日本語』(くろしお出版)
      生越直樹『対照言語学(シリーズ言語科学4)』(東京大学出版会) etc.

    提出期限 2月16日(月)
    提出場所 言語学研究室「レポート受け 連絡ボックス」





    歴史言語学特講T special lecture on historical linguistics I

    (木5・6限  前期・後期ともにB201教室)

    (教科書)
    Gjovalin Shkurtaj & Enver Hysa; Gjuha shqipe për të huajt dhe shqiptarët jashtë Atdheut.

    (Toena, Tiranë 1996)

    Isa Zymberi; Colloquial Albanian.
    (Routledge, London 1991)

    前期初回は4月10日(木) 後期初回は10月2日(木)から。
    シラバス記載内容(PDFファイル)

    期末レポート課題(前期 7月17日提示)
     教科書(Gjuha shqipe për të huajt dhe shqiptarët jashtë Atdheut.)の練習問題(USHTRIMI)のうち、USHTRIMI 9(p.58)〜USHTRIMI 36(p.97)から3つを選び、解答して提出すること。
     書式は問わないが、なるべくワープロ使用が望ましい。
     解答には、日本語その他の言語による訳をつけてもよい。

    提出期限 8月25日(月)
    提出場所 言語学研究室「レポート受け 連絡ボックス」

    期末レポート課題(後期 1月15日提示)
     教科書(Gjuha shqipe për të huajt dhe shqiptarët jashtë Atdheut.)の練習問題(USHTRIMI)のうち、USHTRIMI 37(p.103)〜USHTRIMI 104(p.147)から3つを選び、解答して提出すること。
     書式は問わないが、なるべくワープロ使用が望ましい。
     解答には、日本語その他の言語による訳をつけてもよい。

    提出期限 2月16日(月)
    提出場所 言語学研究室「レポート受け 連絡ボックス」






















総合科学部 担当講義
    民族とことば 
      第5週「現代アルバニア語」
    (2001年5月21日 3・4限 K303教室)

    民族とことば 
      第5週「現代アルバニア語」
    (2002年5月27日 3・4限 K303教室)

    民族とことば human race and language
      第6週「現代アルバニア語」
    (2003年5月26日 3・4限 K303教室)
    シラバス記載内容(htmlファイル)

    民族とことば human race and language
      第4週「現代アルバニア語」
    (2004年5月10日 3・4限 K303教室)
    シラバス記載内容(pdfファイル)