最新情報 (2001年5月1日〜5月31日)

クリストフォリヅィ版「聖書」 復刊
 最古の宗教文献である「聖書」のアルバニア語訳の一つ、コスタンディン・クリストフォリヅィ Kostandin Kristoforidhi による115年前の翻訳が、アルバニア正教会とアルバニア中央文書館(Arkivi Qëndror)の協力によって新装版として刊行されることになった。 クリストフォリヅィ版聖書は約200ページで、四大福音書と詩篇を収録している。刊行時の方言で書かれていた箇所は、現代語に改められる。
 中央文書館のシャバン・スィナニ Shaban Sinani 館長によれば、シュコダル Shkodër のカトリック教会も、クリストフォリヅィ版のアルバニア語テクストについては、そのレヴェルの高さ、教典の内容において保証済みだという。クリストフォリヅィ版聖書が完全な形で刊行されたのは1920年が最後。また彼は「アルバニア語辞典」の編集という業績によって、高名なアルバニア語学者の一人に数えられている。
(ATSh 2001.05.15)


マケドニア新政府
 13日から14日にかけて発足したマケドニア新政府におけるアルバニア人閣僚は次の通り;
(Shekulli 2001.05.14)




(ATSh 2001.00.00)




(ATSh 2001.00.00)




(ATSh 2001.00.00)