レイチェル・カーソン日本協会のあゆみ

1. 「レイチェル・カーソン生誕80年記念事業」

1987年、「レイチェル・カーソン生誕80年記念事業」が企画・実施された。この記念事業は、1986年春、農薬問題にとりくんできた全大阪消費者団体連絡会事務局長の下垣内博の発案のもと、準備委員会初会合の時点で135人、最終的には166人の準備委員が「カーソン女史を偲び、かつ彼女の警告を現実に照らして考えてみよう」との思いのもとにつどい、企画された。準備委員の顔ぶれは、研究者、弁護士、栄養士、ジャーナリストなどの専門家、消費者・市民運動のリーダー、主婦などなど、年代も20代から80代に及んだ。
記念事業の中心企画は、1987年5月27日、大阪・コスモ証券ホールで開催された「レイチェル・カーソン女史生誕80年記念日本集会」であった。300名をこえる参加者のもと、第一部のシンポジウム「沈黙の春は終わっていない」(パネラー・福島要一、中南元、野村かつ子、コーデイネーター・林いく)、第二部の記念講演(講師はアメリカのレイチェル・カーソン協会のジェイ・フェルドマン理事)など、充実した「つどい」になった。そして、「地球に沈黙の春をもたらしてはなりません。カーソン女史に学び、女史が『沈黙の春』で教えてくれたことをより多くの人々に語りつぎましょう」とのアピールを採択した。翌28日の「京都集会」では、「カーソン女史の警告は生きています。カーソン女史の偉業を語りつぎ、美しい地球を未来の子供たちにゆずりわたすことができるよう、行動を開始しましょう」と宣言した。
また、記念事業として上遠恵子委員の手により『レイチェル・カーソン??その生涯』が執筆され、記念事業推進委員会から出版された。さらに、絶版になっていたカーソン関連書の復刊についても重視し、各版元とも話し合いをもった。このなかでフランク・グレアム・ジュニアの『サイレント・スプリングの行くえ』が版元の同文書院との協議のなかで未処分在庫を委員会が買い取り希望者の手にわたることになった。また、新潮社からは絶版になっていた『生と死の妙薬』が『沈黙の春』と改題・新装され出版された。

2. レイチェル・カーソン日本協会の設立

「生誕80年記念日本集会」はアピールの採択にあたり「多くのかたが灯してきた火をさらにあかあかと燃やし続けるために、記念事業推進委員会が解散したあと、あらためて志を同じくするものがレイチェル・カーソン日本協会のようなものをつくりましょう」という提案を満場の拍手で確認した。
この確認にもとづき、1987年12月19日、記念事業推進委員会の解散をうけて、即日、「レイチェル・カーソン日本協会設立準備会」が発足した。その後、準備会の会合を重ね、1988年4月14日、「レイチェル・カーソンを偲ぶつどい」の開催とあわせて第1回設立発起人会をもち「設立趣意書」「協会規約案」「設立総会の持ち方」などを決定した。また、役員選考委員会メンバーを確認し、役員選考作業を開始することになった。
「日本集会」からちょうど1年、1988年5月27日、大阪府立消費生活センターにおいてレイチェル・カーソン日本協会設立総会が開催された。総会には発起人ら102名が参加し「設立までの経過報告」「設立趣意書」「協会規約」などを一部補強のうえ全会一致で承認した。
「協会規約」には「本会は自然を広い視野で捉え、農薬など化学物質による環境汚染の危険を警告したレイチェル・カーソン女史の哲学を学び伝えるとともに女史の努力を継承し、化学物質から自然と環境を保護する意義を普及し、その研究及び活動の交流を図ることを目的とする」と協会の「目的」が明記された。
また、日本協会の初代代表委員には磯村隆文、上遠恵子、川島利雄、鈴木善次、末石冨太郎、福島要一、水木モリエが就任することになった。このほか理事、監事、評議員が役員として選任された。
設立された日本協会は早速「会報」を発行する作業を開始し、第2号(設立総会当日第1号が発行されているので事実上の最初の会報にあたる)の会報を1988年10月に発行した。
また、自然観察と交流をふかめる企画として大台ケ原、長野県三水村リンゴ村、伊勢・伊良湖へのツアーなどが実施された。
講演会やシンポジウムなども企画が重ねられた。1989年5月27日には「カーソン生誕82年のつどい」として朝日新聞の石弘之編集委員を講師にまねき、地球環境の危機について考えあった。1989年9月には「地球環境と大気汚染を考える国際市民シンポジウム」の主催団体に加わった。

3. 環境問題への関心のたかまりのなかで

1990年4月22日は「90アースデー」であった。レイチェル・カーソン日本協会も「90アースデー」に協賛し、4月14日、アースデー90ネットワークとの共催によるシンポジウム「地球を救うために今何が必要か??わたしの提言」(パネラー・岩本智之、沢井清、ジェイムズ・P・グリフィス、谷美代子、上遠恵子、コーデイネーター・林いく、原強)を開催した。また、このシンポジウム終了後に開催されたレイチェル・カーソン日本協会第2回総会では、会報の充実、交流集会やツアーの企画、出版・啓蒙活動、資料整備、アメリカのレイチェル・カーソン協会との交流などの活動方針を確認した。
1990年7月14日、カーソンの最後の著作『センス・オブ・ワンダー』をとりあげた講演会で、日本協会の理事の竹内通夫・金城学院大学教授は、カーソンが養子のロジャーに対して自然を常に驚きと感激のうちに理解できるようにと行った自然観察・環境教育の実践を例にしながら、子どもたちに対する環境教育こそ重視されるべきであると強調した。この日、カーソンの『センス・オブ・ワンダー』にはじめてふれ、あらためてカーソンの思想が現代にも生きていると感じた参加者は少なくなかった。
11月18日に放映されたテレビ番組「知ってるつもり」はカーソンをとりあげた。また、雑誌「ウータン」11月号も、これにさきだち、連載「天才・偉人たちの光と影」の第8回でカーソンをとりあげた。
レイチェル・カーソン日本協会の事業としては、1991年4月14日に「91京都のつどい」を京都・法然院を会場に開催したのにつづき、6月5日の「アジア市民のつどい」、11月18日の「地球サミットを成功させる市民のつどい」などに協賛・参加してきた。
会員交流企画としては、1991年2月に福井県美浜方面への自然観察ツアーが企画された。このツアーは、その日、関西電力美浜原発事故が発生したのに遭遇するというハプニングもあった。

4. 『沈黙の春』出版30年の年に

1992年は『沈黙の春』が世に出てから30年目の年であった。この年にあたり、レイチェル・カーソンが『沈黙の春』で何を訴えようとしたのか、私たちは何を学ばなければならないのか、ということを考えあうとりくみがすすめられた。
4月18日、名古屋で日本協会第3回総会につづき、「『沈黙の春』発刊30周年のつどい」が開催された。この「つどい」は200名をこえる参加があり、大成功であった。シャーリー・ブリッグスさんのメッセージ紹介、上遠恵子代表理事のレイチェル・カーソン紹介につづき、秋山紀子青山学院短期大学の講演「『沈黙の春』の現代的意義」、谷山鉄郎三重大学教授の特別報告「湾岸戦争後の環境破壊と汚染状況」、東海地区の諸団体からの報告と、もりだくさんのプログラムであった。
6月7日、京都でも「記念のつどい」が開催された。上遠恵子代表理事の講演「カーソンの生涯に学ぶ」、藤原邦達日本生協連食の安全委員会代表幹事の講演「『沈黙の春』の現代的意義」が行われた。
また、これに先立ち、日本協会編によるブックレット『「沈黙の春」を読む』がかもがわ出版から出版された。この年に作成されたカーソン肖像はがきも好評であった。
この年の自然観察ツアーは10月に三重県上野市の「天地農場」訪問ツアーであった。
1993年4月の「アースデーのつどい」は講師に高田宏氏をむかえ、京都で開催された。

5. 国際交流のひろがり

レイチェル・カーソン日本協会は、各種の国際的なシンポジウムや交流集会に協賛・賛同するとともに、国際交流の活動をひろげてきた。
1992年2月、日本子孫基金の招きで来日したアメリカ農薬誤使用反対連合(NCAMP)のスーザン・クーパーさんの講演会を開催した。
それにつづき3月、日本協会結成以来の懸案の課題であったアメリカのレイチェル・カーソン協会への代表派遣を実現した。代表団は、レイチェル・カーソン協会でシャーリー・ブリッグスさんらとの交流をしたほか、NCAMPほかの環境NGOを訪問した。
1992年6にブラジルで開催された地球サミットに際しては、ポール・クラーク氏提唱の「マンデート署名」に協力するとともに、代表を派遣した。
1993年、日本協会はレイチェル・カーソンの足跡をたづねるアメリカ・ツアーを企画した。ツアーは8月23日から31日までの日程で、ワシントンのレイチェル・カーソン協会、スプリングデールの生家、チャタム・カレッジのレイチェル・カーソン研究所、ウッズホールの海洋生物研究所などを訪問したもので、多くの成果をおさめることができた。

6. 没後30年記念事業の実施

1994年4月14日はレイチェル・カーソンがなくなってから30年目にあたることから、一連の記念行事が企画・実施された。
1993年5月から「レイチェル・カーソン没後30年記念・読書感想文コンクール」が実施され、全国から471通の応募があった。
また、レイチェル・カーソン生誕80年記念事業委員会の手により刊行された上遠恵子代表理事のブックレット『レイチェル・カーソン??その生涯』がかもがわ出版から再版され、多くの人の手にするところとなった。
「記念のつどい」には、アメリカのレイチェル・カーソン協会事務局長のダイアナ・ポストさんをゲストに招き、奈良県桜井、名古屋で「つどい」が開催された。また、博多、京都でも関連行事が開催された。ダイアナ・ポストさんは「カーソンの思想を語り継ぐ」と題して記念講演を行った。
8月には集中講座「『沈黙の春』の世界」が実施された。

7. カーソンを語り継ぐ

1995年の「アースデーのつどい」は、4月14日、岡山で、岡山県消費者団体連絡協議会はじめ地元の市民団体の協力のもとに開催された。ゲストには環境ジャーナリストの岡島成行氏であった。
また、好評であった読書感想文コンクールはひきつづき実施された。
大阪では、5月から7月にかけて連続講座「レイチェル・カーソンと現代」が企画・実施された。さらに、秋にはグッズの製作が企画され、カーソンの肖像レリーフ、肖像ペンダント、モナーク蝶をデザインしたハガキがつくられた。
1996年4月20日、「96レイチェル・カーソンのつどい」が富山で、生活協同組合COOPとやまとの共催により開催された。講演はフォトジャーナリストの中村梧郎氏で、枯葉剤からごみ問題まで幅広くとりあげた講演「環境汚染とダイオキシン」は好評であった。
1996年8月、第二回アメリカ・スタデイツアーが実施された。このツアーではワシントン、ピッツバーグでアメリカのレイチェル・カーソン協会、レイチェル・カーソン生家協会、チャタム・カレッジの関係者との交流をふかめるとともに、ピッツバーグ再生の経験や環境都市デービスの実践などにも学ぶ機会となった。
京都ではレイチェル・カーソン京都セミナーが継続されたほか、関東地区の会員の交流の場ももたれるようになった。

8. 生誕90年記念事業

1997年5月27日はレイチェル・カーソン生誕90年の記念の日であった。レイチェル・カーソンの生涯や思想を語り継ぐことを通じて化学物質による環境汚染問題について考えあう活動をすすめてきたレイチェル・カーソン日本協会としては、またあらたな思いで「生誕90年記念事業」を企画・実施した。第三回読書感想文コンクールを企画・実施するとともに、高知、京都、大阪で「記念のつどい」を開催した。「高知のつどい」は、立川涼高知大学学長のあいさつにつづき、上遠恵子代表理事、上岡克巳高知大学教授の講演を中心に構成された。「京都のつどい」は鈴木善次代表理事の講演「レイチェル・カーソンと現代」を中心に構成された。大阪での「日本集会」ではシンポジウム「エコロジー、遺伝子、温暖化・・・生命危機の時代と私たちの暮らし カーソンの思想を語り継ぐ」がもたれた。また、これらの「記念のつどい」に対してアメリカのレイチェル・カーソン協会、生家協会、チャタム・カレッジからメッセージをいただき、海をこえる交流を深める機会にもなった。
また、関東地区での交流活動のつみあげのうえに、9月27日、東京での「関東のつどい」が開催された。岡島成行氏の講演「『沈黙の春』から35年、いま世界の環境は」がメイン企画であった。

9. 日本協会設立10年記念事業

1998年5月27日、日本協会は設立10年の日をむかえた。
日本協会は、3月26日に大阪において第6回総会とあわせて設立10年記念講演会を開催した。講師には『奪われし未来』の著者ダイアン・ダマノスキさんをむかえた。この講演会は「環境ホルモン」ブームに火をつけるようなことになった。ダイアン・ダマノスキさんは3月28日、東京でも講演された。
回を重ねてきた読書感想文コンクールも実施された。
5月1日、日本協会は、公害防止や環境保全にとりくむ団体・個人を助成するために創設された「ノーモアミナマタ公害環境基金」から第一回ノーモアミナマタ環境賞を受賞した。この助成のもとに、11月25日、日本協会設立10年を記念する論稿集『「環境の世紀」へ いまレイチェル・カーソンに学ぶ』がかもがわ出版から出版された。

10. 法人組織として

1999年4月4日、日本協会は特定非営利活動法人として法人格を取得するための総会を開催した。総会は、設立にいたるまでの経過報告、設立趣意書や定款、事業計画等を承認するとともに、設立代表者として上遠恵子代表理事を選出したほか、理事、監事、評議員などの役員を選出した。また、総会終了後、総会を記念するシンポジウムとして「環境教育とレイチェル・カーソン」が開催された。
4月21日、大阪府に認証申請手続きがされ、8月9日、日本協会は特定非営利活動法人として認証され、あらたなあゆみをはじめることになった。
9月から11月にかけて普及・啓発活動として連続講座「環境の世紀へ」が実施された。
このような連続講座は、読書感想文コンクールとともに、毎年の事業になった。
他方では、各地で地域ごとの活動も活発化するようになってきた。関東地域の会員交流活動も「関東フォーラム」として学習・交流の場を発展させてきた。高知でもレイチェル・カーソンを語り継ぐ活動が継続的にすすめられている。
2000年から2001年にかけて映画「センス・オブ・ワンダー」が制作された。日本協会としてはこの活動を支援し、上映運動にも必要な協力を行ってきた。

11. 『沈黙の春』出版40年

このようななかで、『沈黙の春』出版40年の年をむかえた。4月14日、東京で、6月16日、京都で、それぞれ記念行事が企画された。
東京・日本科学未来館で開催された「記念のつどい」では、鈴木善次副理事長が基調講演を行い、「カーソンの警告に耳を傾け、これからの文明のあり方を考えよう」と問題提起を行った。これをうけた「レエイチェル・カーソンを語り継ぐ」と題したシンポジウムでは上遠恵子理事長のコーデイネートのもと、神山美智子、中島貴子、若林千賀子、鈴木善次の各氏が意見をのべあった。また、この場で第7回読書感想文コンクールの結果発表も行われた。
京都教育文化センターで開催された京都の記念行事では、京都大学の松井三郎教授が環境ホルモン研究の最前線での問題をレポートする講演にひきつづき、映画「センス・オブ・ワンダー」が上映された。また、これに前後してジュンク堂京都店などで「カーソン写真展」や連続講座が企画実施された。
この年、リンダ・リアの『レイチェル』が翻訳出版されたことも意義深いことであった。

12. 多彩な活動のなかで

 カーソンを語り継ぐ活動は、ひきつづき各地で多彩にすすめられた。
「関東フォーラム」では自然観察会や読書会活動がすすめられ、「清里フォーラム」の開催につながった。また、2004年のカーソン没後40年記念行事は千葉県浦安市で「われらをめぐる海・三番瀬」として企画開催されたが、これも「関東フォーラム」の活動のうえに成り立った企画であった。
関西では、連続的に開催される講座活動とあわせて、化学物質リスクの削減をめざす講演会やフォーラム活動がすすめられた。
京都では「レイチェル・カーソンの世界へ」と題した「講演と音楽のつどい」が企画実施された。この行事はカーソン没後40年記念行事であるとともに、上遠恵子理事長の『レイチェル・カーソンの世界へ』の出版記念行事であった。
高知でも、レイチェルの会の活動が継続的にとりくまれてきたが、2005年4月、「センス・オブ・ワンダー」出版40年記念行事「レイチェル・カーソンの世界へ」が高知で開催された。
日本協会が実施する「読書感想文」コンクールも第8回まで回を重ねた。

13. CHEJとの交流

2005年、日本協会は、国際交流基金日米センターの助成のもとに、アメリカの環境NGOであるCHEJ(健康・環境・正義支援センターCenter for Health,Environment and Justice)との交流事業にとりくんだ。
CHEJは、アメリカの環境汚染問題の歴史に残るラブ・キャナル事件のなかで住民の利益のために活動した組織がもとになって作られたもので、現在、産業廃棄物処分場問題などで重要な役割を果たしている組織である。
交流事業は、ワシントン在住の谷脇多佳子氏のコーデイネートのもと、CHEJの科学デイレクターのステイーブン・レスター、子どもの健康キャンペーン担当のステイシー・ゴンザレスの両氏を招き、京都、東京で講演会をもつというものであった。京都、東京、それぞれの講演会はきわめて有意義なものなったほか、京都では、滋賀県栗東市の産廃処分場問題の現場視察・交流、東京では安孫子市の環境問題の視察・交流をともなうものであった。これらの事業は、日本協会にとっても、CHEJにとっても、とても重要な交流の機会になったといえる。

14. 生誕100年記念事業

2007年はレイチェル・カーソンの生誕100年を記念する年であった。日本協会は、2006年5月27日から「記念キャンペーン」を開始し、各方面への協賛・協力の依頼、企画準備などに力をいれてとりくんだ。また、「読書感想文」コンクールの経験をふまえ、今回は「レイチェルへのお手紙」募集企画にとりくんだ。
記念行事は、3月の東京行事にはじまり、5月の京都、6月の大阪、8月の高知へと連鎖的に企画実施された。行事内容は、講演会、展示企画、交流行事など、それぞれの地域ごとに創意を生かしたものであった。
「レイチェルへのお手紙」募集企画には、学校単位でのとりくみもふくめて大きな反応があった。5月27日の「記念のつどい」で入選作品が紹介された。
また、7月から9月にかけては北海道大学で講演会と展示企画がとりくまれたのに、日本協会としても協力した。
「生誕100年」を記念する出版企画としては、ミネルヴァ書房から『レイチェル・カーソン』が出版された。2008年2月には、『レイチェル・カーソン』出版記念行事が東京で開催された。

15. 組織改革を経て

このような活動をすすめることによって、日本の社会のなかにレイチェル・カーソンの生涯や業績が次第に広まってきた。とくに、最近では、学校教育の現場でもレイチェル・カーソンが教材としてとりあげられる機会も目立ってきた。
他方では、日本協会の組織運営をめぐって、発足から20年が経過するなかで、組織のリフレッシュをはかる必要性が指摘されることが増えてきた。総会、理事会で、日本協会のこんごの在り方をめぐって意見交換を深めるなかで、最終的に、特定非営利法人格の返上、各地域に根ざした組織づくりと、そのネットワーク化をすすめるという立場から組織改革を行うことになった。
2008年3月15日、特定非営利活動法人格を返上するための「解散総会」をもつとともに、当面、関東フォーラム、関西フォーラムを拠点にしたゆるやかなネットワーク組織としてレイチェル・カーソン日本協会が再発足することになった。
これを機にあらたな活動のひろがりが期待されるところである。